Living Guide in Tokyo

日本での生活をより良いものにして頂くよう出来る限り情報を掲載しております。

”Living in Tokyo” 東京へのリロケーションをお考えのエキスパットですか?それなら東京の特徴を知ってくと役立ちます。東京都の面積は西端から東端までの距離が約90km(56mi)の細長い地形をしたprefectureです。東京都は全体が都市urban areaというわけではありません。東京は多面的な地域性があります。自然保護地域を含む山岳地帯、学園都市や田園住居地域があるエリア、タワーマンションが立ち並ぶ湾岸エリア、さらに太平洋に浮かぶ11の諸島(offshore islands)までが東京都に含まれます。細長い東京都は、西から東へと大きく4エリアに分けることができ、具体的には、西側の「西多摩エリア」、中央付近の「東多摩エリア」、そして、東京の中心部とされている東側エリアの東京23区「西部地区」と「東部地区」です。東京23区の広さは約627.6 km²(242.3 sq mi変更しました)であり、大半が商業・住宅地で構成されています。エキスパットの多くは東京23区の主に西部に住んでおり、渋谷区、港区、目黒区などがその地域にあたります。その理由としては、エキスパッドフレンドリーな環境にあるからです。国際的な食材を扱うスーパーマーケット、インターナショナルスクール、英語が通じる歯医者、病院、日本語学校、多国籍のレストラン等があり、外国人にとって住みやすいといえます。23区の東部地区にもエキスパットは住んでいます。23区東部は比較的家賃が安い地域です。特定の国の人が集まるコミュニティが増えてきていることもあり、エキスパッドが住みやすい地域も広がってきています。

Latest articls

梅雨時期の湿気対策について|東京での生活 東京

梅雨時期の湿気対策について|東京での生活

東京とその周辺地域では6月初旬から7月20日頃までが梅雨の時期。湿度が高くなる梅雨にありがちな事と覚えておきたい湿気対策をまとめました。
台風の接近と水害に備える|東京での生活 東京

台風の接近と水害に備える|東京での生活

日本に台風が接近・上陸する時期は主に6月から10月(梅雨から秋又は夏の終わり)にかけてです。台風による暴風雨の被害に備え、知っておきたい対策と非難時の行動についてまとめました。
カラスによる被害と対策について|東京での生活 東京

カラスによる被害と対策について|東京での生活

3月下旬から7月上旬はカラスの繁殖期。ヒナを守ろうと過敏になったカラスによる人への攻撃やゴミ漁り等、発生しがちな被害と対策についてまとめました。
外国人オーナー所有する賃貸物件のマスターリース・サブリースについて 賃貸物件について

外国人オーナー所有する賃貸物件のマスターリース・サブリースについて

海外居住のオーナーが所有する物件を法人名義で借りる場合、貸借人は源泉徴収を行う必要があります。しかし、サブリースでの賃貸契約なら不要です。
VISAの種類変更について ビザ関連

VISAの種類変更について

現在の在留資格と異なる範囲の活動を行う際には、その活動が可能となる在留資格に変更する必要があります。その手続きを「在留資格変更許可申請」と言います。
社員・役員の家賃を会社が負担する場合の課税について 賃貸物件について

社員・役員の家賃を会社が負担する場合の課税について

会社が役員に社宅を貸与する場合、床面積が240㎡を超えると豪華社宅と判定される等の条件が給与課税に関わってきます。
外国人オーナーが所有する不動産の賃料に対する源泉徴収について 日本

外国人オーナーが所有する不動産の賃料に対する源泉徴収について

海外に住む外国人オーナーの不動産を借り、その賃借料を支払うにあたっては、テナント側が源泉徴収税を納付しなければならない場合があります。
VISAの更新について ビザ関連

VISAの更新について

就労可能な在留資格の認定証明書の交付を受けてVISAを取得した外国籍の方は、在留期限が来るまでに、更新手続を完了しておく必要があります。
東京の都心エリアで電動アシスト自転車を利用する 東京

東京の都心エリアで電動アシスト自転車を利用する

東京で電動アシスト自転車を利用するにあたって知っておきたい知識と活用方法をまとめてみました。
家族のためのVISA(家族滞在)の種類 ビザ関連

家族のためのVISA(家族滞在)の種類

中長期滞在の在留資格を持つ外国籍の方が扶養する配偶者または子供を日本に呼び寄せるときに申請する「家族滞在」という在留資格があります。