Living Guide in Tokyo

日本での生活をより良いものにして頂くよう出来る限り情報を掲載しております。

東京エリア紹介 東京 六本木一丁目 

エリア情報
Category : エリア情報東京

 

六本木一丁目の特徴と歴史

港区六本木は、複合施設である泉ガーデンタワーを始めとした大型商業施設、タワーマンションが並ぶ都心の最先端エリアです。

 

昼間はビジネス街として、夜になると繁華街のネオンが煌めき、華やかなイメージが特徴的です。

 

また、国際的なイベントや美術館巡り、四季を感じる緑溢れるスポットもあります。

 

今回は、六本木一丁目エリアの特徴と歴史、住みやすさについてご紹介しましょう。

 

六本木一丁目の特徴

六本木は港区の北部、高台に位置しており、1丁目から7丁目まであり、人口は約13,000人です。

 

六本木一丁目駅は東京メトロ南北線沿線の駅が通っています。

 

歓楽街の六本木交差点から坂道を下ると高層ビル、ホテル、大使館が建ち並ぶ静かな住宅地です。

 

赤坂一丁目と同六本木一丁目にまたがる複合施設「アークヒルズ」、赤坂のアーク森ビルにはジェトロ、六本木一丁目駅に直結する泉ガーデンがあります。

 

都内の主要駅へ10分〜20分程度で移動できる立地にあり、通勤や遊びにも大変便利です。

 

2023年には商業施設、ホテル、文化施設、オフィス、マンションが入居する超大型再開発プロジェクト「虎ノ門・麻布台プロジェクト」が誕生します。

六本木一丁目の歴史

江戸時代、六本木1丁目エリアは寺院や神社が集まる門前長として発展し、武家が多く住む区域でした。

 

明治以降は政府の軍事施設が設置され、兵隊の街として発展していきます。

 

六本木という地名の由来は複数の説がありますが、6本の松からあったという説が有名です。

 

他には、江戸時代の六本木に6氏(青木氏、一柳氏、上杉氏、片桐氏、朽木氏、高木氏)の大名屋敷が存在していたことに由来する説もあります。

 

六本木一丁目の住みやすさ

駅から少し離れたエリアには住宅地が広がり、会社員を対象にした築古の賃貸物件も豊富にあります。

 

六本木一丁目の1Kの平均家賃は13.3万円となり、港区内でも平均水準です。

 

お手頃価格のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、生活利便性も問題ありません。

 

六本木一丁目駅周辺には、港区立麻布小学校、港区立六本木中学校、東京都立六本木高校、原子力規制庁、泉ガーデンクリニック、六本木一丁目クリニックなど多くの病院があります。

 

各国の大使館も多く、外国人が多く住むエリアでもあり、警察官のパトロールも強化されて安全です。

 

まとめ

 

六本木一丁目周辺は、コンサートホール「サントリーホール」が入る複合施設「アークヒルズ」も注目のスポットです。

 

ぜひ一度、街歩きをしてみてはいかがでしょうか。