Living Guide in Tokyo

日本での生活をより良いものにして頂くよう出来る限り情報を掲載しております。

エリアのご紹介 横浜 みなとみらい 神奈川県

エリア情報
Category : エリア情報

横浜 みなとみらい駅の特徴と歴史

「横浜 みなとみらい駅」は東京へアクセスがしやすく、観光地やおしゃれスポットとしても大人気。

近年、高層マンションの建設や大型の商業施設、レジャー施設が続々と登場しています。

「横浜 みなとみらい駅」は休日の観光だけでなく、居住エリアとしても新たな注目を集めています。

そこで今回は、「横浜 みなとみらい駅」の特徴や住みやすさをご紹介しましょう。

横浜 みなとみらい駅の特徴

 

横浜市西区みなとみらいに位置する「みなとみらい駅」は横浜高速鉄道みなとみらい線の駅です。

東急東横線・東京メトロ副都心線に直通しており、渋谷・新宿・池袋方面へのアクセスも抜群です。

「みなとみらい駅」の周辺は「横浜都心」に指定されており、ビジネス、レジャー、居住に便利な施設が揃っています。

「みなとみらい駅」には、ランドマークタワー、国際会議場、パシフィコ横浜、横浜美術館、クイーンズスクエアなど、多くの文化施設・商業施設が並びます。

駅直結の「クイーンズスクエア横浜」はステーションコア大吹抜が特徴的な開放感ある空間です。

横浜 みなとみらい駅の歴史と名前の由来

1980年代から、横浜都心部を一体化するため、ウォーターフロント都市再開発が始まりました。

みなとみらいは海の埋め立てを繰り返して拡張されて、徐々に整備された再開発都市です。

ウォーターフロント都市再開発の事業名が一般公募によって「みなとみらい21」と名付けられました。

JR桜木町駅周辺に横浜新都市ビル、「横浜ランドマークタワー」が建設されると、多くの企業が移転し、一気にビジネス街としても発展しました。

その後は「よこはまコスモワールド」、「横浜ワールドポーターズ」が完成し、休日の観光地としても注目されています。

横浜 みなとみらい駅の住みやすさ

近年、「みなとみらい駅」は高層マンションの建設が進み、都会的な生活を望む方が暮らしています。

「ブランズタワーみなとみらい」は、免震構造を採用した29階建てのタワーマンションです。

1LDKから4LDKまで揃い、単身から家族向けまで幅広い部屋を選ぶことができます。

「みなとみらい駅」徒歩10分以内の家賃平均は15万円と横浜の中でも高額なエリアです。

都会と自然のバランス、利便性と生活のしやすさが全て備わった、魅力的な街に住む価値は十分にあるでしょう。

「オーケー ディスカウント・センターみなとみらい店」はスーパーマーケットや飲食店が入った生活に便利なお店です。

JR・地下鉄の桜木町駅は徒歩圏内となり、休日は山下公園や中華街へ散歩するのも良いでしょう。

下町風情溢れる「野毛商店街」や「横浜能楽堂」、「野毛山動物園」などの文化施設も人気です。

まとめ

みなとみらいのウォーターフロントの街並みは「都市景観100選」にも選ばれた絶景が広がります。

近代的な建物ときらびやかなネオンの輝きは日常にラグジュアリーな気分をもたらせてくれます。

ぜひ、一度生活の拠点の候補にみなとみらいを検討してみてはいかがでしょうか。