Living Guide in Tokyo

日本での生活をより良いものにして頂くよう出来る限り情報を掲載しております。

携帯の取得方法

日本の風習
Category : 日本の風習日本

携帯の取得方法

携帯電話の契約に必要な手続き

日本で暮らす外国籍の中長期在留者の方が携帯電話の契約をする場合、キャリアと呼ばれる携帯電話の各事業者によって契約内容や必要書類が異なります。

大手携帯事業者3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)以外にも格安SIMの事業者などが多数あるため、少なくとも2社以上の内容を比較検討してから、契約手続をしてみてはいかがでしょうか。

実際の契約の際には、AU、SoftbankやDocomoショップなどのキャリアショップや家電量販店(ヨドバシカメラ、ビックカメラなど)の窓口に出向き、直接手続きをすることになります。その際、待ち時間が長くなることがよくある上、契約手続き自体にも時間がかかりますので、余裕を持って来店するようにしましょう。(※予約が出来る店は予約をすることをお勧めします。)

また、英語を話す店員がいる店舗は少ないため、事前に店舗に確認してから来店することをお勧めします。

なお、契約手続きに必要な書類については、事前に、キャリア各社のホームページを探し、そこに書かれている必要書類及び手順を確認するようにしましょう。

契約に必要となる主な書類

契約に必要な書類は携帯事業者ごとに違いますが、本人確認のために、以下の書類は必ず持参しなくてはなりません。

  • 在留カード(永住者で該当する場合は、特別永住者証明書)、健康保険証、パスポート、日本の運転免許証などから、2点以上
  • 銀行のキャッシュカードまたは預金通帳のコピー(口座振替の場合)
  • クレジットカード(カード払いの場合)
  • 印鑑(自筆サイン可の場合もあり。各社異なるため、事前に問合せた方がよい。)

格安SIM(格安スマホ)の契約に関する注意事項

日本では、外国籍の中長期在留者も格安SIMや格安スマホを契約することが可能です。ただし、大手キャリアの携帯電話を契約した場合に含まれている色々なサービスが、格安SIMや格安スマホの場合、含まれていない場合があります。(ショートメール機能がない、フリーダイヤルへの通信ができないなど)

格安SIMは料金が安いことが魅力ですが、大手キャリア各社の携帯電話とのサービス内容の違いをよく確認し、自分が希望する機能やサービスの優先順位を考えた上で、どちらを選ぶか決めることをお勧めします。

また、格安SIMの場合は大手キャリアから通信回線を借りてサービスを提供しているため、通信速度は、ネットワークの帯域や利用しているユーザーの数によって変わります。そのため、大手キャリアの通信速度よりも遅い、或いは通信状態が不安定になる場合があります。例えば、高画質の動画を頻繁に視聴するユーザーについては、通信速度の影響をかなり受けますので、そのあたりを理解した上で、契約するようにしましょう。